リンク集

2014年02月05日

アンモナイトで一発やろう!

なにをやろうかって?
アンモナイトを食する、って超無謀なことを考えてまふ。
どうやって?って?うふふ。
マヨネーズをかけて、ちょっとだけ醤油を垂らして、美しすぎるアンモナイトを口に含んでみるのさ。
誰もやったことないでしょ?
そうだよね。思いつかないからさ。
アンモナイト販売店
心頭滅却すれば火もまた自ずから涼し。
飲み込むのがちょっとしんどいかも。
でもさ、化石とはもうしても、昔はほら、タコイカの類だったんでしょ。
であれば、原子レベルでみると食べるに値すると思うんだよね、アンモナイトだって。
さて、ギネス目指してGOGO!
【関連する記事】
posted by あしー at 12:18| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月29日

どぉんだけASEA?

つまるところASEAとは?ソンジョソコラのサプリメントとは全くもって性質を異にしてるんよ。
そそ、サイボー(細胞)の老化の原因てのんは、恐らくだけんど生物の細胞が生まれにゃがらに「老化−死」というプロセスのDNAが組み込まれているんじゃとアッシは思ふわけ。
ASEAがそれに対抗してどーローカを防ぐかっつーのが本質的なモンダイだにゃ。
そう、DNA欠損説なんてのは、癌発生の原因としては、よぉく言われておって、とくに最近なんぞは原発の放射能の関係から言われちょるけど、老化の原因とするにはチト無理があるんじゃ?
生命体全体として考えたとき、あらかじめ「老化−死」という設計図がDNAに組み込まれてないと、都合が悪いことになるんよねぇ。早〜い話、癌細胞にはその設計図が組み込まれてないっす。
なんで、それに対して「若返り」と云う、エントロピーを減少させるような話は、自然に逆らうわけですから難しいところがあるのだろうな、とはアッシは思うわけでごんす。
肌を若返らせるといったことで「アンチエイジング」と云う言葉が使われているんだ、とは、その程度に使われている言葉を、生命体全体に広げるのは、ちょっとムリがある、と云うのが率直な感想だす。
つまりASEAってもんがなぜに癌に対抗でき得るかというテーマはそー簡単な議論でないことがお解かりいただけたかもしれぬが、ASEAだけがいいわけでもなく、ただ体験談としてSTAGE4から復帰するなんてのは奇跡のモノガタリに近いもんあって、その凄さの一端が伺えるというもの。
だからこそASEAを試していただきたい、それがアッシの想いでごんすな。
posted by あしー at 16:57| にゃんともASEAって | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月21日

ASEAにょすごいとこ

マッタクASEAとゆうこの酸化還元反応分子なるオミズ、けっこーすごいかもしれぬ。
アタシの肝機能はかなりイー感じに変化を迎え、さらに叔父ですな。
ASEAを薦めたときなんかはアタシも半信半疑。でも、叔父はSTAGE4の肺癌。んでもって医者からほぼ見離されたところで、さきにキノコのケンコー食品を食べてたけど、目立った変化なし。
でもって、ハワイよりASEAを送ってみて、2ヶ月ほどもASEAを試していただいてるでしょーか。
その進行が止まった感ありとの朗報。うーん、こにょASEAは、モシカシテすごいかもしれん。
雪はもー見れないと春ごろに医者に宣言されたにもかかわらず、北国の叔父は、そのASEAをイッショケンメーに飲むことによって、すでに雪は観たとゆう。
ASEAのこーしたパワーはいったい全体、なんぞや?とみなが不思議に思うであろー。
しかしされど、見えないことへの不思議はあるもんの、つまりは概念的にASEAはムツカシイのかというと、よーくセツメーを聴けばなるほどふむふむと納得。
サプリメントとかぁ、そういった食品のタグイでないことはたしか。分子レベルというから、ASEAはまったくもって、別次元の発想から生まれた産物といっても過言ではなし。
さて、今宵も飲もう。ASEA…、ほんとミチなるもの。
posted by あしー at 13:05| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。